カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ひたちなか
去年の豪雨の中でずぶ濡れ泥だらけになりながら「(昇格するから)2度と来ないぞ!」と心に誓ったハズだが、懲りずにまた今年も来てしまったベガルタサポーターも含め、3107人の観客を集めて試合は行われました。

e0133015_19541987.jpg


芝生席とほぼ同じ高さのピッチ、遠くに見える向こう側のゴールマウス。
ひたちなかってこんな感じです。でも去年よりは売店もあって、改善されてましたね♪

e0133015_18405988.jpg



さて、まがりなりにも勝った試合の後だし、勇気をだして意見言います。
御批判もあるとおもいますが、お願いあります。
罵るならば、ネット上ではなく、ホームでもawayでもいつでも面と向かって罵ってください。
僕は喧嘩も出来ないし、弱っちいサポーターですから、きっと貴方が勝ちますから。
ネット上で意見をぶつけるのはとても有用だけど、書き捨て罵りは好きじゃありません。


山形戦の後、このブログの投稿欄はかなり格好悪かった。


匿名性を利用(それがネット社会の有用性という意見もわかりますが)して、
「何にもコメント出来ねーんかよ。集まれば強くなったと思ってるお前らが負け犬だよ。」
とか・・・・こんな言葉遣いで、名前も出さずに・・・
ちなみに僕はイシーさんのコメントに悪い感情なんかは少しももってません。一緒に飲んで話せば盛り上がる話題だな~一度飲みながら話したいな~くらいな感じデス


僕はBACKSに所属させてもらっていますが、決してBACKSを代表しての意見を言う立場の人間ではないです。ただ、BACKSの方から誘われ(まったく閉鎖的ではなかったですよ。実体験から言ってます)今年は所属させてもらっているだけです。

昨日のひたちなかでの応援にはブログで書かれているような対立とか、そんなものは全く無かった。
そんなことはいつものことで、何度かでもawayの応援に来た人ならば、その雰囲気は必ずわかる。「ブログの中で対立させられている(言い方は正しくないかもしれないけど、解り易く言えば旧コアの)人達」ともフツーに話してたよ。ハーフタイムには「今日こそ祭りか?」とか「いやいやいや、ぎりぎり逃げ切ることができるかどうかが仙台クオリティー」とかさ。くだらない事をフツーに話してたよ。試合後も当然、試合内容に愚痴言い合って、「鳥栖来ないの~ダメだよ~下痢したことにして行こうよ~」とか。少なくとも昨日僕と話した旧コアの人達からも全く閉鎖性とかはなかったよ。本当にさ。
いろいろな事情や困難を解決してawayまで来ている人達は、間違いなくベガルタのために自分の何かを犠牲にしている人達なわけで。
勘違いされると困るから書きますが、色々な事情をどうしても解決できずにawayに来れない人達も同じ大事なベガルタサポーターです。実際、昨日はBACKSの代表者は来れませんでした。当たり前だけど、そのことを非難するとか思いもしない。むしろ「来れなくて無念だろうな。その分も頑張って応援スッペ!」と思います。僕は。

思うに、この続きがホームで出来れば良いだけのこと。僕はそれが一番だと思っています。
ホームでの応援も今までどおりではなく、応援をより良くするために改革が必要かもしれないなら、試行錯誤をしてみることもありだと思うし、今はその段階なのではないかと思っています。


僕の願いは、(まずは)J1に昇格して、嬉し涙で、みんなと一緒にびしょぬれになることです。


                                 文責:莫逆主義 松本康史
[PR]
by backs-sendai | 2008-06-29 19:50
6/25熊本戦~一つの思い~
10,317人

ユアスタの動員数としては確かに物足りない数字かもしれない。
ただ、私は毎回動員数を見るたびに感動してしまう。

例えば私と仲良くしてくれるサポーターの方々。

色んなところに住んでいていろんな仕事をしていて。
私のチームに関しては岩手に住んでいたり東京に住んでいたり。
はたまた、ついこの間まで中学生でした、って言う少年まで居る。

ふつーに生活していたら絶対に関わりのない人たちだ。

そんな人たちが集まるたった一つの共通点。

「ベガルタが大好きだ!」

そんなたった一つの、興味の無い人達からすればドーデもいい理由。
でも僕達にとっては唯一無二の大切な思い。

そんな思いで集まった10,317人。

勝ったときには一緒に喜び、負ければ一緒に悔しがる。
これって本当に凄い事だと思う。
これはベガルタというチームが僕達に与えてくれた贈り物だと思っている。

e0133015_113253.jpg


そして、今回もう一つの思いを持ってスタジアムに集まった。

先日の岩手・宮城内陸地震。

僕達で何か出来ないだろうか。
どんな小さなことでもいいから・・・この気持ちを伝えたい・・・。

「がんばれ!」

こんな気持ちで作られた正直歪な文字のメッセージ弾幕。

e0133015_054470.jpg

e0133015_1141262.jpg


そしてみんなが同じ気持ちで持ち寄ってくれた県章。

e0133015_056517.jpg


もしかしたら被災者の人たちがしっかりと眼にすることは少ないかもしれない。
僕達が、勇気を与えるなんておこがましい事かもしれない。
ただ目に端、耳の端にこのメッセージが届き少しでも被災に遭われひた人たちの勇気となれば。

ユアスタに集まった10,317人。
いや、もっと多くの人たちが同じように思ってくれて居るはずだと思う。

そう、その気持ちを一つにまとめてくれたのがチーム。
それをこういう形で具現化したのがサポーター。

私が言うにはとてもおこがましいけれど一言言わせてください。

「みんな、ありがとう」

チームはサポーターと共に在り、サポーターはチームと共に在る。
そしてチーム、サポーターは、地域と共に在る。

サポーターは、これからも力の限り声を送り続けよう。
だから選手達もサポーター、いや地域の皆に光を与えて続けてほしい。

健やかなる時も、病める時も。

共に歩いていこう。

この遥かなるカントリーロードを!


newtype@えんたい
[PR]
by backs-sendai | 2008-06-26 01:37
報告とお願い
6/25熊本戦で、今回の岩手・宮城地震の被災地の方を激励するために、「頑張ろう、岩手・宮城」の弾幕の提示と、県章のチラシをカントリロードの時に掲げて、被害にあわれた方や、被災地の方を励ましたいと考えてます。
これを見て、少しでも被害にあわれた方や被災地の方に勇気や力を与えられたらいいなと思います。
つきましては、県章のチラシの印刷にご協力をお願い致します。
下記URLから印刷できます、印刷が無理なら手書きでも結構です。
http://www.geocities.jp/m_matsuks/newpage7625.htm
宮城・岩手版があり、両方とも掲げたいと考えてます。
どちらでも構いませんので、印刷を出来る方はお願いしたいと思います。
また、スタジアムで出来るだけ多く、掲げたいと考えてますので多めに印刷して頂ける方は印刷して頂き、周りに配布して頂くか中心部までお持ちください。
宜しくお願い致します。
e0133015_20313818.jpg

[PR]
by backs-sendai | 2008-06-23 20:32
徳島
湿度が高い徳島空港に降り立ったのが試合開始40分前。何故か若い1人の力士も慌てていて、何となく同じ方向に向かって、、、、、、やっぱり、慌てている。
ん?誰だ?この力士は?付き人だよな。どうみても。。。。

間に合うか?、、、、間に合った!とスタジアムの正面に着いたら???
徳島サポーターの長蛇の列。ドゥンビアのサヨナラ・サイン会の列でした。
試合開始前に終わるはずもない長蛇の列。
彼の切れ味はJ2クラスではないなと感じていたら、やっぱり世界クラスだったんですね。


仙台サポーター席に着くと、長い白段幕!
「ガンバロ―ミヤギ・イワテ」が目に飛び込んできた。
現地徳島で材料を揃え、試合前に皆で作ったとの事。
e0133015_22472812.jpg


多くの犠牲者を出したあの地震から一週間。あの雄大な栗駒の山々が崩れ、そこにいる人々の生活を一瞬のうちに奪い去った、想像をはるかに越えた無常な大災害。

選手は発生翌日の山形戦に喪章を付け戦い、さらにフロント・選手会はすぐに現地への見舞金を用意した。

徳島へ向かうサポーター達で自然発生的に、「自分たちも何かしよう!ホーム(熊本戦)まで待てない!」との気運が生れ、急遽行動にうつした。

そして某氏が出発前に、コピー作成してくれた宮城県の県旗。
e0133015_22562372.jpg

小さな小さなB5サイズの宮城の「み」の字。仙台萩の三枚の葉をモチーフにしている宮城県人なら誰でも知っているこのマーク。
貰ったこのコピー用紙を自宅に持ち帰って改めて見てみると、雨にあたりショボイコピー用紙であることが判る。

でも、意味が深い。ただの小さな紙切れだけど、私はメッセージ性を強く感じた。

思う気持ちを形に表す事に意味があると思う。


いろんな意見があっていいと思う。
「選手には、何も気負わせずに、不必要なプレッシャーも与えず、力を発揮させてやるべきだ。」
「昇格という十字架だけで、充分じゃないか?」
一方で
「宮城のために!戦ってくれ!」
などなど、、、、、。

私は個人的には、選手がこの宮城県で成功して貰いたいし、そして、選手に宮城を愛してもらい、宮城のために昇格して欲しいと思ってる。
そして子供たちに夢を与えて欲しい。
そして、J1に昇格して、宮城の経済や文化の底上げに役立って欲しい。



それぞれのサポーターが、自分の価値観で考え、自分で行動することに意味があると思う。
それでいいんじゃないかな。









試合はご覧のとおり。


勝利後、我々の前に並んだ選手達の顔は、一様に憔悴していたように見えた。
山形戦のショックは、サポーター同様選手にも相当応えていたんだなと感じた。
あの湿度の中、後半は走り負けなかった仙台に、彼らの意地と後半戦への可能性を見た。

勝って当然なんて試合は、一試合もないな。

選手のモチベーションを上げ続けれる応援を、もう一度続けよう!


あの力士?
横綱「白鵬」の付き人だったみたい。
翌日の新聞で「白鵬」の花束贈呈に気がついた。
奥さんが徳島出身だそうです。



                                           B.エリア(つのだ)
[PR]
by backs-sendai | 2008-06-23 00:01
完敗ですか。(山形戦)
完敗ですか。山形に。

きっとポジティブな事は書けないでしょう。
すみません。

1試合仙台が少ない状況で、勝ち点4差。
直接叩いて、試合数がそろえば逆転なんて考えていたのですが、
甘過ぎましたね。

天気は良かったのにねぇ。
仙台は梅雨に入ったのか、湿りがちです。

選手もスタッフもみんな「絶対勝ちたい」と思って闘ってると信じてる。
もちろん、負けてもいいなんて思っている人は誰もいないだろう。
みんな、必死に頑張っているでしょう。

でもね。
なんか、戦術も、ボールへの寄せも、競り合いも、
勝ちたい気持ちも、必死さも、
山形よりもちょっと足りなかった気がした。
私の個人的な意見で感想ですが、そこが残念で気になる所。
勢いの差なのか。
仙台の良さは完全に消された。
まあ、うまくいかない時もあるか。

といいながらも、週末にはまたすぐ徳島戦。
その後は、下位との闘いが続きます。
今のJ2、楽に勝てるチームなんて無い。
でも、落とせない試合が続きます。
これから勝ち続けて一足お先に梅雨明しましょう。

そして、試合後の挨拶。
先頭で、
ゴール裏のサポーターの手の届きそうな所まで近づいて立つユキヒコ。
それに続く岡山、その他選手達。
次は相手を上回る気持ちで闘ってくれると信じてるよ。

それでは、徳島で会いましょう。


最後に、このブログを書いている最中にも結構大きな揺れがきました。
このたび地震で、被害を受けられました方々には、
心よりお見舞い申しあげます。
皆さん、地震に気をつけましょうね。

かなりK@THRIDE
[PR]
by backs-sendai | 2008-06-16 23:50
横浜戦
勝ってよかった。最近の数試合を見ていると不安な一戦だったけど

今回はもう一つ不安な事がありました。
前回の雨でのホームゲーム
スカスカな中心部
6/5,BACKS会議を行い、今後の対策を練りました。
①各グループの配置
  全グループが前列から4列までに集結し、5列以降に他のサポーターが入りやすい環境にする
②声掛け活動
  元気な若者に積極的に声をかける


平日なのに予想以上の成果で、2ブロックびっちりでした。
声かけは重要ですね~
みんなが「いいんですか?」だって

地道な活動を続け、次世代にも熱いサポーターを残していきたい
選手のために熱くサポートできるサポーターを。


それと、試合終了後の選手達のサプライズ
相談してくれたら、こちらも仕込んだのに
むちゃぶりの菅井コールがグダグダになってしまいました。



それでは山形で・・




今回は写真を撮れなかったので、2002年?の写真をアップします。
また、こんな雰囲気になりたいね~

e0133015_23324175.gif



                                            マツウラ
[PR]
by backs-sendai | 2008-06-12 23:49
トップ